CHECK

カラコンにおける含水率とはどういう意味?

カラコンにおける含水率とはどういう意味?

カラコンを選ぶ時には様々な要素を比較検討しますが、その中でも重要な要素となっているのが含水率です。これはレンズの含む水分量を示した数字となっており、50%以上なら高含水レンズと呼ばれます。この製品の特徴は水分を多く含むためコンタクト自体が柔らかく、目に馴染みやすいことです。よって、フィット感を重視する場合に適しています。また、レンズを薄く設計できるため装着時の違和感が少ないというメリットもあります。 一方、含水率が50%未満の製品を低含水レンズと言います。この製品の特徴は目が乾燥しにくいことです。水分をあまり必要としないるため、目の潤いが保ちやすいです。そのため、カラコンを装着したときの乾燥が気になる方におすすめの製品だと言えます。さらに、長時間の使用にも適しているためカラコンで多く使用されるのは低含水レンズとなっています。ただし、水分量が低いためコンタクトが固くなりやすく、厚みも出るため目に馴染みにくく装着時に違和感を感じる人もいます。従って、水分量の少ないコンタクトを選ぶ場合は、サイズやベースカーブなど考慮して自分の目の形にフィットした商品を選ぶ必要があります。

サイズ・度数が合わないカラコン装着がもたらす不調

二日酔いや自律神経のバランス・ホルモンバランスの乱れや首の骨にフィットしない枕や血流障害や暑さや寒さやストレスや薬の副作用など、頭痛の原因になり得るものは暮らしの中に数多潜んでいますが、サイズや度数が合っていないカラコン装着もその一つです。度数やベースカーブが合わないカラコンを長時間装着し続けていると眼精疲労を引き起こし、それが頭痛に結び付くというメカニズムです。ベースカーブがきつすぎるとレンズが眼球にフィットしませんし、カーブが緩すぎると眼球に張り付いて違和感や痛みが生じます。合わない度数だと眼精疲労や頭痛を引き起こすだけではなく、視力低下のリスクも高めますので、目の健康のためにも数か月に一度は眼科クリニックを受診し検査をして最新情報をゲットすべきです。疲れを感じたときは眼鏡に切り替えたりなどの対処も必要ですし、デザインやカラーが気に入っているからと言ってベースカーブを無視してカラコン選びをするのもNGです。

に関する情報サイト
カラコンに関するお役立ち情報

このサイトでは、近年流行しているカラーコンタクトレンズのお役立ち情報をご紹介しています。興味を持つ人が多く気軽にオンラインショップで買い物ができるので、使っている人も多いといえましょう。ここでは、カラコンにおける含水率とはどういう意味があるのか、安全な色付きレンズであるのか否かを確認する方法など購入する前に知っておく基礎知識をご紹介していますので、まずは基本を学んでから購入することをおすすめします。

Search